学校団体

教室を出て、映画制作の世界を
スタジオツアー東京で体験しましょう

学校団体向け料金は、日本に拠点を置く文部科学省認定の小学校および中学・高校の20名以上の学校グループのみ適用されます。ただし、 1日当たりの学校団体チケットの枚数には限りがあるため、希望する日付の6 週間前までに予約・支払いを済ませていただく必要があります。学校団体の予約・空き状況の問合せは、コンタクトセンターまでご連絡下さい。

・ほうきエクスペリエンスの無料飛行デジタルフォト1枚
・教員免許を持つ先生による45分間の無料レッスン
・教職員用の事前訪問無料チケット2枚


小学校

  • 国内の小学校が、ご利用いただけます
  • 特定の日付けのみ
  • 学生料金が適用されます
  • 2024年4月1日分のチケットより、価格が3,500円に変更になります。
3,000円
チケット購入のお問い合わせ

中学校・高等学校

  • 国内の中学校および高等学校が、ご利用いただけます
  • 特定の日付けのみ
  • 学生料金が適用されます
  • 2024年4月1日分のチケットより、価格が4,500円に変更になります。
4,000円
チケット購入のお問い合わせ

教職員及び介助者

  • 小学校の教職員の方は学生5名につき1名
  • 中学校・高等学校の教職員の方は学生10名につき1名
  • 障がい者手帳をお持ちの学生1名につき介助者1名が無料
無料
チケット購入のお問い合わせ

教室を飛び出して、空前の大ヒットを記録した映画のセットに足を踏み入れましょう

この複数の教科の要素を取り入れたエデュケーション・プログラムは、文部科学省学習指導要領の学習目標に沿ってデザインされています。映画「ハリー・ポッター」シリーズの制作に携わった世界最高峰の職人たちの巧みな技術や様々なテクノロジーをより深く学ぶことにより、学生たちの創造力がかきたてられます。

 ワーナーブラザース スタジオツアーロンドンで行われている、数々の受賞歴をもつエデュケーション・プログラムが、ワーナーブラザース スタジオツアー東京でも提供されます。

 

Education award logos

学校団体チケットには以下が含まれます

・ワーナーブラザース スタジオツアー東京のチケット

・45分間の無料レッスン(教員資格を持ったスタジオツアー東京のスタッフが授業プランを立て、提供します。)

・ほうきエクスペリエンスの飛行デジタルフォト1枚(プリント写真をご希望の場合は特別料金にてご案内可能です。)

・教職員用の事前訪問無料チケット2枚(学校団体チケットの予約と支払いが完了した時点でご提供します。)

科目

授業は事前予約をお願いします。授業は日本語または英語での受講を選択可能です。

アート・オブ・サウンド (Art of Sound)


学習要素:数学・理科・キャリア・音楽
対象レベル:小学生から高校生

アート・オブ・サウンド(音響制作)の授業では、効果音アーティストが何をするかを理解することに焦点を当てています。映画の背景音をどのように作成するかや、音波とその特性についても学習できるほか、実践的なワークショップを通じて、「ハリー・ポッター」の映画のシーンのための背景音を作成する効果音アーティストの体験をすることができます。

企画の売り込み (Film Pitch)


学習要素:日本語・英語・キャリア
対象レベル:小学4年生から高校生

映画制作の始め方、映画の制作費など 映画を制作する際の資金調達に関する授業です。映画制作時には、映画会社にアプローチし、アイデアを映像作品にするための資金を要請します。映画制作の資金を確保する最初の段階は、アイデアをプレゼンすることです。生徒たちは映画制作における映画プレゼンの役割について、そして自らの創造的なアイデアをプレゼンするための言葉や表現を、インタラクティブな授業を通して学ぶことができます。

映画ビジネス (Movie Business)


学習要素:数学・キャリア
対象レベル:小学5年生から高校生

1日の撮影費用はいくらか?「ハリー・ポッター」の具体的な映画のシーンを中心に据えることで、学生たちは映画制作の膨大さと映画制作に必要なビジネス原則を理解することができます。この授業では、学生たちは映画の予算がどのようなものかを想像します。情報の共有とコミュニケーションを通じて、学生たちは様々な映画部門を見て回り、スタッフの経費や資材、輸送など、さまざまなコストについて検討します。

映画のグラフィック・アート (Movie Graphics)


学習要素:表現・美術・キャリア
対象レベル:小学生から高校生

創造力を活かしましょう!「ハリー・ポッター」の映画を制作する際に重要な要素の一つに、グラフィック・アートの技術があります。映画制作では、特にグラフィック・デザイナーのチームが、映画のシーンに生命を吹き込むため、細部までディテールを追加する仕事をしています。この授業では、学生たちはグラフィック・デザイナーの役割が映画制作においてどれほど重要なのかを学びます。

ワーナー ブラザース スタジオ ジャパン合同会社からエデュケーション・プログラムの最新情報をお届けいたします。